持ち物

冬キャンプの寒さ対策!徒歩キャン女子の防寒ぷちテクニック!

こんにちは。キャリーバッグ1つ、徒歩でキャンプに繰り出す女子大生「キャリーキャンパー」。そして、なちゅガール編集長の森風美(もりふうみ)です。

季節は冬。冬の寒さはどんなキャンパーにとっても厳しいものだと思いますが、限られた荷物しか持っていけない徒歩キャンパーにとっては何よりも恐ろしいものです。

車のように、布団や毛布を緊急用に積むこともできないし、カセットガスや石油ストーブを持って行くこともできません。さらに寒くて死にそうになったときにも、車のようにパっと暖かい24時間営業のファミレスやスーパー銭湯に行けないんです。

そこで今回は、寒い秋冬になるべくあったかく、寒さで死なない徒歩キャンプをする方法を紹介していきたいと思います!(服装に関しては車キャンパーさんのお役にも立てるかも!)

日中の服装編

まず何よりも大事にしたいのは洋服。移動から就寝まで裸一貫お外で過ごすのだから、できる限り暖かくしたいところ。

日常の冬服と同じですが、幾重にも重ね着して、外からの冷気を入れず、体から出る熱を体周りにとどめてあげるのが大事です。

そんな私の定番コーディネートがこちら!

脱ぎ着しやすく着込みやすいポンチョに、ロングスカートがいつものスタイルです。

ポイントは下半身の防寒。冷え込みを防ぐために何重にもズボンやタイツを着込むと、どうしても下半身デブなダサい服装になりがち。

私は、そのダサダサなズボンをロングスカートの中に隠しています。(上の写真では右の足からチラ見えしてますね)

ロングスカートさえあれば、あったかいダサダサズボンを隠しておしゃれな冬キャンパーの完成!さらにスカートが風防とブランケットの役割も兼ねてくれるのでとってもあったかい!!

ただ、冬の電車やバスは「これでもか!」というほど暖房がかかっています。

持ち運ぶ荷物を少なくするためになるべく着込んでいきたいけれど、暑すぎるとどーしても気分が悪くなってしまうので、脱ぎ着しやすい服を選びましょう。

寝床編

キャンプ中、1番寒くて死にそうになるのはやっぱり寝るとき。起きているときは焚き火にあたってやり過ごすこともできますが、寝るときにはバイバイしなくてはいけません。

電源サイトだったら電気毛布を繋いで寝るのがオススメですが、徒歩キャンプでそんなハイスペックなキャンプ場に行くなんてこと、まずありません(そんなお金もありません)。

そこで、普段の冬キャンプで使うコットや寝袋にプラスして使っているのは、このギアです!!

湯たんぽ、カイロ、毛布、スリッパなど……。ギアというには生活感に溢れてますが、こういった細かいアイテムがよりよい睡眠を運んでくれます。

家を出たあとに湯たんぽを忘れたことに気づいたときは、ペットボトルを湯たんぽがわりにして寝たり。身近にあるもので工夫して暖を取っています。

特殊なものを購入するなら、「エマージェンシーシート」は1つ持っておくだけで安心感が段違いです。「まだ最終兵器が残ってるんだから!!」と、寒さに精神的に勝てます。

寝るときの服装編

もちろん寝るときの服装も超大事!

服はなるべく多く着込んだまま寝袋に入るのがいいのですが、だからといって、防水性や防風性のあるアウターを着たままで寝るのはオススメできません!

このようなアウターを着たまま寝袋に入ると、体から放出される熱がアウターで止まってしまいます。すると、寝袋とアウターの間に暖かい空気の層を作ることができません。暖かいはずの寝袋が無意味なシャカシャカになってしまうのです。

寝袋に入るときはアウターを脱いで、インナーダウンやセーター、フリースなどで寝ることをオススメします。私はいつもアウターとロングスカートは脱ぐようにしています。

それだけではなく、アウターを着たまま寝てしまうと、翌日起きて寝袋から出た時に着るものがなく、寝袋内との寒暖差で体をやられてしまいます。

ちなみに、どんなに暖かい寝袋を使っていても、寝袋から出てしまう顔が冷えるので、マスクや帽子、ネックウォーマーはつけたままのほうが寝つきがいい気がします。(耳まで覆われているタイプだとなおよし!)

おわりに

重箱の隅をつつくような話ばかりでしたが、冬の徒歩キャンプはこうやって細かいところにまで気をつかわないと、本当に寒くて死ぬ思いをします。(私は冬のふもとっぱらキャンプ場で寒すぎて、知り合いのキャンパーさんのテントに避難させてもらったことがあります…)


↑凍ってしまったキャリーバック

キャンプは全部が自己責任。たとえ気温を調べて大丈夫!と思ったとしても、山の中にあるキャンプ場は気象観測所のある町より気温が5度以上低いこともあります。

慣れていない人は少し暖かくなるまで待って……、待ちきれない人は十分に対策をするか、ベテランキャンパーさんと一緒に「余裕のある」冬キャンプを楽しみましょう!

ABOUT ME
森 風美
森 風美
キャリーバッグ1つ、徒歩でキャンプする大学生女子。キャンプの絵を描いたり文を書いたりモデルをしたりしています。お仕事のご依頼はDMかメールへよろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です