キャンプ場

徒歩で行けちゃう!八丈島キャンプ。海もグルメも味わい尽くす! ~2日目~

今回は、「観光にはレンタカーが必須!」といわれる八丈島で、貧乏学生の島キャンパー森風美(もりふうみ)がレンタカーを使わずに、徒歩だけでキャンプした様子をリポートします!

橘丸で行く、八丈島キャンプ!準備と乗船 ~1日目~今回は島キャンプが大好きな大学生キャンパー森風美(もりふうみ)がこの夏に実際に行ってきた八丈島でのキャンプをレポートしていきます! (...

9:30 八丈島到着!キャンプ場へ!

11時間の長い船旅を経て、ようやく到着しました!綺麗な青空に橘丸の黄色が映えています。こう見るとやっぱり大きい船だな~。

港に着くといきなり、八丈太鼓でお出迎えが。これから始まる島キャンプを鼓舞されているみたい。「やるぞやるぞ!!」という気分に

今回泊まる「底土(そこど)キャンプ場」は、港からすぐにある「船客待合所」の観光案内窓口で利用申請をすれば無料で利用できます。

港から歩いて7分、底土(そこど)キャンプ場に到着です!

小さなテントなので、設営は20分ほどで完了!友達と赤と緑の色違いのテントを立てました。

徒歩で行ける観光スポット

ここからは、2日間で遊んだ八丈島の観光スポットを紹介します!今回の旅は海遊びメイン。

11:00 安全に海遊び!底土(そこど)海水浴場

キャンプ場から歩いて5分の底土(そこど)海水浴場。

波打ち際で海水浴をする人もいれば、スノーケルでお魚観察をする人も。監視員さんがいるので、海にあまり慣れていない人も、安心して遊べます。

少し泳ぐだけで、熱帯魚が集まっていました。チョウチョウウオ、ツノダシ、ルリスズメダイ、とカラフルなお魚が!

近くにある海の家でスノーケルセットのレンタルもしていました。写真はそのお店の看板犬、ヒメちゃん。暑くてグデグデしていたのに、お友達が来たら嬉しそうに出てきました。

15:00 釣りをするなら神湊(かみなと)漁港!

キャンプ場から歩いて15分の神湊(かみなと)漁港に向かいます。

道のりは少し長く感じるけれど、道中には、江戸時代に流刑地だった八丈島にまつわる碑があったり……

バブルの賑わいを思い起こさせる、要塞みたいな廃ホテルがあったり……新旧さまざまな八丈島の歴史を追っていくうちに、あっという間に漁港につきます!

港に着いたら、まずはここの『神湊(かみなと)つり具店』で仕掛けを買います。釣り竿レンタルもしていました。堤防の先っちょからサビキでムロアジが釣れるんだって!わくわく

…と、わくわくしたのもつかの間、全然釣れない!!

張り切って竿まで持参した私の釣果はダツやスズメダイといった「雑魚」ばかりでした。初心者には難しいのか、潮目が悪かったのか……。

s

18:00 八丈ストアでお買いもの!

キャンプ場にタクシーを呼んで、八丈ストアという島で1番大きなお店へ!

ここにはスーパー、ドラッグストア、100均、衣料品店、お花屋さんが入っていて、生活に必要なものが一通り揃います。

明日の朝ごはんや持って行き忘れた髪ゴムを買ったのですが、その中で大きな収穫だったのがコレ!

島キャンプのときにいつも悩みの種になる木炭。

持っていくと思いし、買うと多すぎて邪魔になる木炭が、なんと500g/100円で売っていたので迷わず購入しました!!

19:00 魚八亭で郷土料理をいただく!

そのまま八丈ストアから歩いて2分の所にある魚八亭へ。海水浴場の監視員さんオススメの島料理屋さんです。

明日葉(あしたば)の天ぷらや、島たくあんなど、おいしい郷土料理をいただけます。写真は島寿司!マグロ、イサキ、島のりの三種盛り。

混んでしまうこともあるので、直前でも予約していったほうがいいかも!

21:00 最後は底土(そこど)港に夜釣りへ

お腹が満たされた私たち。でも昼間の釣りは消化不良だったので、大物目指して夜の漁港に繰り出します。

ここは夜でも明るく照らされているため、小さなお子さんもたくさん釣りに来ていました。

ゴマサバを釣っている方もいたのですが、釣り初心者な私たちはやっぱり「雑魚」ばかり…

結局ゴマサバは釣れませんでしたが、2mありそうな巨大エイを見たり、釣りサークルの大学生に魚の豆知識を聞いたりと楽しい夜釣りになりました。

おわりに

レンタカー必須!と言われる八丈島の旅ですが、徒歩でも十分満喫できます。

すでに2週間八丈島で野営をしているというおじさんにフグ汁を分けていただいたり(おいしかった!)、モリ突きの方法を教わったり(うまくつけなかったけど)、「おっちょが浜にいる長老に会ってきなさい」とRPGのクエストみたいなお題をいただいたり(会えなかったけど)、とっても楽しい島キャンプになりました。

せっかく島に行くのなら、そこでしかできないことで遊んでみませんか?

ABOUT ME
森 風美
森 風美
キャリーバッグ1つ、徒歩でキャンプする大学生女子。キャンプの絵を描いたり文を書いたりモデルをしたりしています。お仕事のご依頼はDMかメールへよろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です