キャンプ場

*森風美*都内から1時間!野島公園でお花見&潮干狩り徒歩キャンプ!

こんにちは!キャリーバックでキャンプする森風美です!

4月だしまだやったことないお花見キャンプしたいなーとおもって色々調べていたら、なんと割と近くにお花見キャンプも潮干狩りキャンプもできるスポットを発見!

シーサイドライン野島公園駅から歩いて10分。野島公園キャンプ場に行ってきました。

まずはお花見キャンプ

まずは野島公園の再奥にあるキャンプ場受付でチェックイン!売店を兼ねていて、薪や飲み物も買えます。

炭捨て用のバケツと、ゴミ袋(2種類)を貸していただきました。帰宅時のゴミ問題は徒歩キャンプの永遠の課題なので、ゴミが捨てられるなんてありがたすぎるっ!!

さて、今回予約したのは「桜の木が3本ひとりじめできるっ!」という40番サイト。四方を通路で囲まれているサイトです。

野島公園はフツーの公園なので、幼稚園帰りに遊ぶ子どもたちやお散歩中の犬、ジョギングするおじさんなどキャンプ場にしては往来が激しめ。

ただ静かに暮らしたい系キャンパーさんには合わないかもしれないけれど、アーバンキャンプ慣れしていれば大丈夫!行き交う人々をながめたり、対岸の工場の時報を聞いたりと変化に富んでいて1日中楽しめます。

疲れたらテントの中から桜をながめてお昼寝。なんか風流では…!

今回は夜ご飯を作らず、野島公園駅近くの「島寿し」さんへ。

・私は貴方の何なのさ
・やっぱり私が好きなのね
・すてきな貴方は浮気者

といった、個性的な名前のお寿司コースがずらり。注文が恥ずかしい!お値段もいい感じですが、お寿司の1つ1つが大きくてすごくおいしかったです!

キャンプ場に戻ってくると日は暮れてすっかり夜。昼桜から夜桜、さらに朝桜と一日を通していろんな変化をする桜を見れるのがお花見キャンプのよさかも…!

さらに潮干狩りキャンプ!

さて、翌日起床してさっそく潮干狩り!と行きたいところでしたが、干潮時刻が11時だったので、まったり片付けをしてチェックアウトを済ませます。

今回持って行ったのはこの熊手!なんとみなさんご存知のCAPTAIN STAG製です。潮干狩り用の熊手まで出してるのかー。

まずはキャンプ場の目の前にある川沿いでアサリを狙います。イマイチ潮干狩りの方法がわからなかったのでインスタライブでコツを聞きながら潮干狩りました。

はじめはぜんっぜん見つからなかったのですが、一度見つかるとおなじところに群生(?)しているのがアサリの特徴だそう!アサリだけに浅く広く掘って目星をつけたら、そこから範囲を広げるように掘っていくのがいいみたいです。

採ったアサリは100均の砂場用おもちゃ袋に次々と入れて行きます。

さらに海の方へポイントを変えます。遠くに八景島シーパラダイスが。こんな都会でも潮干狩りができるなんて、なんか不思議!

あとから現地でガチ装備で潮干狩っていたおじさんに話を聞いたところ、先ほどの川沿いの方がいっぱい採れるそう。ただ水が近く流れもあるのでお子さんと潮干狩るなら海沿いのほうが良さそうです。

だんだんと潮が満ちてきたので潮干狩りキャンプ終了!(キャンプだったの途中から忘れてました)

アサリはキャンプ場で食べたかったけれど、砂抜きに時間がかかるのでお家で酒蒸しにしました!すっごく美味しかった!!!

潮干狩りはまだまだシーズン!

お花見キャンプはそろそろ見ごろを終えてしまいそうですが、潮干狩りはまだまだシーズンです。特に今年のゴールデンウィーク後半の野島公園は潮回りが良くって潮干狩りに最適!

必要なのは、濡れてもいい格好と熊手(おもちゃのシャベルでも)、網目のついた入れ物(袋やザル)、持ち帰り用のジップロックに、砂抜き用の海水を入れるペットボトルくらい!

潮見表をしっかり調べてから、ぜひチャレンジしてみてください。ちなみに、干潮時刻の前後2時間がいちばんイイみたいですよ〜。

気軽に潮干狩りバーベキューもいいかも……。

ABOUT ME
森 風美
森 風美
キャリーバッグ1つ、徒歩でキャンプする大学生女子。キャンプの絵を描いたり文を書いたりモデルをしたりしています。お仕事のご依頼はDMかメールへよろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です