持ち物

キャンプの寝床はマット?ベッド?DOD バッグインベッドがおすすめ

キャンプに行って「よく眠れなかった…」ということ、特に初心者にはありがちです。
せっかくキャンプに挑戦してみたのに、よく眠れず疲労が蓄積してしまったら、「キャンプ=疲れる」といったネガティブな印象を抱いてしまい、キャンプの楽しさに気づけないこともあります。

キャンプで眠れない要因は、暑い寒いといった気候であったり、虫の声、寝るときの格好などがあります。最も寝れない要因の一つに、寝床の設備が原因があります。

キャンプに普段の寝床をそのまま持っていくのは無理がありますので、寝床が変わってしまうことは仕方がありません。

しかし、キャンプであっても自分に合った寝具を選ぶことで快適な睡眠をとることができます。

今回は、そんなキャンプでの寝床事情におすすめのキャンプ寝具をご紹介します!

マット派?それともベッド派?

キャンプの寝床には大きく分けて2つのキャンプ寝具があります。地べたに直接触れるマットタイプと、コットと言われる簡易ベッドタイプの2種類です。

マットタイプは、銀マットや、空気を入れて使うエアマット、スポンジタイプなどがあります。敷布団のように地べたに敷いて使用します。

簡易ベットタイプは、主に組み立てて使うものがほとんどで、地面から数十センチ浮いた状態になります。

マットタイプでは、地面に敷いて寝床が安定しており、寝返りをうっても寝心地はさほど変わりなく過ごすことができます。
デメリットとしては、地熱の影響を受けてしまいがちなので、夏は暑く冬は寒く感じます。また、マットの厚さによっては硬さを感じ、体が痛くなってしまうこともあります。

出典:https://www.dod.camp/product/cb1_510/

ベットタイプは、地面から離れて設置できるので地熱が伝わらず、地面と寝床の間のスペースに風が通りやすいです。また、昼間は寝床としてではなく、椅子や物置としても使うことができます
デメリットしては、組み立てが必要なのと、体重の加圧で体が沈み込んでしまうため硬い寝床に慣れてる人には腰が痛く感じることがあります

どちらにもメリットがあり、デメリットもありますが、女子キャンプという枠組みで考えるとベッドタイプ(コット)の方がオススメです!

荷物おきや椅子にもなり、キャンプサイトのコーディネートを考えると地べたに敷いたマットより、コットの方が見栄え良くおしゃれなサイトを設置できます。

オススメキャンプベッドはDODのBAG-IN BED

出典:https://www.dod.camp/product/cb1_510/

キャンプベッド(コット)を紹介します!

キャンプベッド(コット)でオススメなのが、うさぎのマークが目印のDOD(ディーオーディ)の、バックインベッドです!

DODは、「アウトドアをワクワクするソト遊びに」をコンセプトに、アウトドアグッズの販売を行っております。
また、高いテント用品が多い中で、必要以上に高機能を追わず、コスト管理やネットを中心とした販売事業など企業努力により、他社に比べリーズナブルな価格も人気の一つです。

そんな、DODから販売されている、キャンプベッド「バッグインベッド」を紹介します!

DOD バックインベッドの特徴

出典:https://www.dod.camp/product/cb1_510/

こちらですが、なんと重量が2.4kgで、持ち運びしやすいサイズにまとまります。荷物がかさばりません。
耐久性も120kgまでは難なく使用できます。

出典:https://www.dod.camp/product/cb1_510/

また、見ての通りコンパクトなため、キャンプだけでなく音楽フェスなどにも持って行きやすいことも特徴の1つです。

組み立て方法

DODのバッグインベッドの組み立て方は非常に簡単です。

出典:https://www.dod.camp/product/cb1_510/

このように、キャンプ初心者であっても安心です!

まとめ

出典:https://www.dod.camp/product/cb1_510/

今回は、DOD バッグインベッドについてご紹介しました!

アウトドアでの寝床事情ですが、キャンプだけでなく宿泊登山などもする人にとってはマットタイプがおすすめですが、女子キャンプなら持ち運びの利便性や、キャンプサイトのアレンジしやすさ的にベッド型(コット)がおすすめです!

何よりキャンプから寝れずに疲れるということをなくし、次の日も快適に過ごせるように自分に最適の寝床をキャンプでも探して構築してみましょう!

詳しくはこちらをチェック!
→ https://www.dod.camp/product/cb1_510/

ABOUT ME
編集部
編集部

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です