持ち物

おしゃれで可愛いバスケット風ガス缶(OD缶)カバーを作ってみよう!*女子キャンプDIY*

キャンプとは切っても切り離せないOD缶。バーナーの燃料としても、ランタンの燃料としてもキャンプでは必ずと言っていいほど必要なアイテムです。

ただ、女子として気になるのはそのデザイン。サイトレイアウトをナチュラルに可愛くしていても、OD缶の文字プリントがどうしても浮いてしまいます。

だったら自分で可愛いOD缶カバーを作ればいいじゃない!ということで、今回はピクニックバスケット風OD缶カバーの作り方をご紹介します。

*用意するもの

必要なものはこれだけ!

・OD缶
・クラフトテープ(お好みで1〜3色)
・木工用ボンド
・クリップ(洗濯バサミ)
・定規
・ハサミ
・印を書くための色鉛筆(ペン)
・紙を割くための結束バンド(あれば)
・デコレーション用の花かざり(お好みで)

特別に必要なものは、クラフトテープというDIY用アイテム。通販や手芸店、百均の手芸コーナーで手に入ります。クラフトバンド、エコクラフトとも言います。

*OD缶カバーをさっそくDIY

①結束バンドを使ってクラフトテープを4本取りに割きます。
 (カードやクラフトバンドを使って割くこともできます)

②長さ約23センチずつに切り分ける。

③同じく4本取りのクラフトテープをOD缶の口のサイズに合わせて切断する(この時1センチほどのりしろを作る)

④OD缶カバーの口のサイズに合わせて切った③のクラフトテープに、②のクラフトテープをボンドでしっかり固定する。

⑤しっかりボンドが固まったら、口の部分を丸く接着する。

⑥なるべく長く割いた2本取りのクラフトテープを横糸にして交互に編んでいく。

(横糸が緩まないように洗濯バサミで仮止めして編み進める)

⑦OD缶が覆えるまで編んだら、6本取りのクラフトテープを縦糸で巻くように収める。

(縦糸は横糸の中に差し込んで固定する)

⑧お好みでデコレーションして完成!!

*キャンプギアと組み合わせてみる

無骨でかっこいいコールマンのノーススターもこのOD感カバーを使えばこんなに可愛い女子キャンプアイテムに大変身!

ルミエールランタンも、自然に馴染むアイテムに生まれ変わります。

紙製なので雨が降るとふにゃふにゃになってしまいそうですが、今まで普通に使用していて問題は特にありませんでした!心配な方はニスを塗ると少し水に強くなります。

似たような手順でCB缶カバーやウエットティッシュカバーも制作できます。むしろ円柱状で丸みがない分こちらの方が簡単かもしれません。

クラフトテープの色の組み合わせや、割く本数を変えるだけでかなり違ったデザインにもできるので、自分好みのOD缶カバーをぜひ作ってみてください!

ABOUT ME
森 風美
森 風美
キャリーバッグ1つ、徒歩でキャンプする大学生女子。キャンプの絵を描いたり文を書いたりモデルをしたりしています。お仕事のご依頼はDMかメールへよろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です