プレイス

高台から見下ろす海と夕日に癒される、夏にぴったりの南伊豆「夕日ヶ丘キャンプ場」(静岡県)

キャンプ場というと山や高地に多く、夕日よりも朝日や星空を求めて出かけることが多かったりしますが、たまにはロマンチックでちょっとセンチメンタルなロケーションを求めて、こんなキャンプ場はいかがでしょう。

*都心からはちょっと遠いけど……

伊豆半島というと「伊東」や「伊豆高原」はお馴染みの方も多いと思いますが、「西伊豆」となるとなかなか行く機会も少ないのではないでしょうか。

電車も通ってないし、山を越えなくてはいけないので、どうしても疎遠になってしまうのかもしれませんが、気持ち良いドライブが堪能できるのも西伊豆の海岸線の魅力です。

ごらんの通り、西伊豆の海岸通りは、絶景の連続。眼下に見下ろす真っ青な海と、長い年月をかけて作られた奇岩たち、海の向こうには富士山も望めて、車を停めて写真を撮っている人もちらほら。

「二人を〜夕闇が〜包む〜この浜辺に〜」の歌でお馴染みの加山雄三さんの記念館がある堂ヶ島海岸を過ぎてさらに小1時間ほど南下してください。

岩地海岸、石部海岸、雲見海岸と……小さな可愛らしい海水浴場を通り過ぎて、マーガレットラインにさしかかると、見えてくるのがこのキャンプ場。

伊豆最南端(たぶん)に位置する、『夕日ヶ丘キャンプ場』です。

*急な坂を登るとそこはオーシャンビュー

森の中を走るマーガレットライン。木々の間に不意に現れる小さな看板。

見落として通り過ぎてしまうと予想もつきませんが、この目立たない入り口の先には、関東屈指の絶景を誇るキャンプ場が広がっているのです。

写真で見るよりかなり急な坂道になるので、車をゆっくり慎重に登らせてください(マニュアルの人は1速か2速)。

白く可愛い受付棟まで登ったら、その甲斐あって、ほとんどのサイトがオーシャンビュー!! サイトから海に沈む夕日が望めます。

近くには段々畑で有名な、「石部の棚田」があるのですが、このキャンプ場も斜面を有効活用しています。

オブジェのように大きい流木や、大きな岩で各サイトが仕切られていて、隅々まで整備が行き届いています。

サイトの地面には砂利が敷かれていて、ペグを打ち込むにはちょうど良い硬さ。直火はNGです。

*一見ワイルド、でも細部は女子向けな高規格!?

急な斜面や、大きな岩、大きな流木。キャンプ場全体は野性味溢れる趣きなのですが、細かいところに目を向けると、女性らしい配慮が随所に施されています。

ガラスタイルが敷き詰められた可愛い炊事場。

これだけ綺麗にされてあると、洗った野菜やお皿を置いても気にならないし、画にもなります。

お料理も洗い物もやる気が出ますね。

トイレの外見も、キャンプ場らしくワイルドに作ってはありますが、中に入るとウォシュレットにウォームレットも完備。

まだ新しいので、新築の木の香りが漂っています。

新しくできた高台サイトのトイレ。さすがにこちらは簡易トイレだろうと思って開けてみると、なんとこちらも水洗ウォシュレットで、しかも土足厳禁。おウチのトイレのように清潔、安心です。

ついでに管理棟横のゴミ置場もこーんな感じ。燃えるゴミ、缶、ビン、ペットボトルと、分別もしっかりしていますが、ポリバケツに描かれた笑顔に、思わずこちらもほっこり。

*まとめ : 本当のお楽しみは日が暮れてから?

ここまで昼間の写真を紹介してきましたが、『夕日ヶ丘キャンプ場』がその本領を発揮するのは、その名前の通り、日が傾いてきてから。

早めの夕飯を済ませてしまい、ゆっくりと沈む夕日を眺めるのがオススメ。黄金色に輝く水面には、時おり海を渡る船のシルエット。

ゆっくりと夜の帳が降りてくると、少しずつ星たちがまたたき始めます。

実はここ、夕日だけではなく、天の川も眺めることができるキャンプ場なんです。

都会では街の灯りに邪魔されて、なかなか見ることのできない天の川。人里離れたこの伊豆の山奥では、海の方にも人工的な光はありません。

ランタンの明かりも消して、目が暗闇に慣れてくると、う〜っすらと小さな星の川が見えるようになります。

たまには星明かりの下、お友達とまったり語り合うのも良いですね。

南伊豆といえばそのキレイな海!! 夏の利用はもちろんオススメなのですが、通年オープンしているキャンプ場なので、空気の澄み渡る冬の星空も楽しめます。

まだビギナーのキャンパーさんが「冬キャンプ」に挑戦されるなら、氷点下を割る山間部のキャンプ場より、暖かい南伊豆で始めてみるのはいかがでしょうか!?

 

『夕日ヶ丘キャンプ場』
住所 : 〒415-0531 静岡県賀茂郡南伊豆町伊浜2222
電話 : 080 – 1561 – 1555
URL : https://www.yu-higaoka-camp.com/

ABOUT ME
森 風美
森 風美
キャリーバッグ1つ、徒歩でキャンプする大学生女子。キャンプの絵を描いたり文を書いたりモデルをしたりしています。お仕事のご依頼はDMかメールへよろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です